M&Iロゴ

琉球フェスティバル 2021

出演者プロフィール

大工哲弘|だいく てつひろ
大工哲弘
1948年、沖縄県八重山郡石垣市字新川に生まれる。
1968年、本格的に八重山民謡を山里勇吉に師事。
県内外及び海外コンサートにも多く、世界せましと活動を続けている。さらに世界の民族音楽家、ジャズやロックのミュージシャンなどとの共演活動も意欲的に行っている。CDアルバムも多数リリース。
八重山地方に伝承される多彩な島の歌をこなし八重山民謡の第一人者として地位を築いている。その島唄に愛情を込めて歌う姿勢には共感者が多い。また八重山民謡教室の支部を全国に持ち、沖縄・八重山民謡の普及・育成にも力をそそぐ。現在、沖縄でもっとも幅広い活動をしているミュージシャンである。
■ 大工哲弘 オフィシャル・サイト
大工苗子|だいく なえこ
大工苗子
石垣市宮良生まれ。
琉球箏曲興陽会・琉球民謡音楽協会箏曲師範資格を持ち大工哲弘のレコーディングやコンサートのサポートに参加。
琴奏者、八重山民謡女性の歌い手として貴重な存在である。
DIAMANTES|ディアマンテス
ディアマンテス
1991年結成、1993年に1stアルバム「OKINAWA LATINA/オキナワ・ラティーナ」でメジャーデビュー。
「ガンバッテヤンド」、「勝利の歌」、「片手に三線を」など数々のヒット曲を生み、今尚、沖縄を拠点に全国各地で精力的にライブを行い、【オキナワ・ラティーナ】という独自の音楽を発信し続けている。
またその傍ら、楽曲提供や編曲・演奏などで他方面のアーティストと枠にとらわれないコラボレーションで活動の場も広げている。(宮沢和史(ex THE BOOM)、MONGOL800、大城クラウディア、普天間かおり ・ ・ ・ 他)
DIAMANTESは今年2021年9月で結成30周年!!
3月に沖縄・宜野湾海浜公園屋外劇場で有観客・配信の両方でキックオフライブを開催、30周年イヤーをスタート!これまで支えていただいた感謝の思いと新たなスタートの気持ちを込め、ニューアルバムの制作や30周年記念ライブ等も予定!
DIAMANTESを応援頂いている皆様に楽しんで頂けるコンテンツ(ライブ・Youtube・GOODS 等)を発信していきます!!
■ DIAMANTES オフィシャル・サイト
Parsha cluB|パーシャクラブ
パーシャクラブ
八重山民謡界の旗手・新良幸人をヴォーカルに据え1993年に結成。
Rock、Funk、Jazz、Reggae、Latin...。沖縄音楽と洋楽を見事に融合させたサウンドは、沖縄音楽の枠をはるかに越えた独自の世界を展開。
その作品の多くは、数々のCMや番組テーマソングに起用され、また国内外のアーティストにもカバーされている。
これまでにアルバム9枚、シングル5枚、DVDを1枚リリース。
円熟味を増した新良のヴォーカル、畝ねるBEAT、心地よいグルーブ感、ますます冴え渡るステージングで観る者を魅了する。
■ Parsha cluB オフィシャル・サイト
よなは徹|よなは とおる
よなは徹
琉球古典音楽家・島うた界における実力派歌者。
幼少のころから培われた歌、三線は揺らぐことがない。
数々の芸歴と受賞といった実力を持ちながら、新しい島うたの世界を切り開いている。
近年では原点でもある古典音楽をフィーチャーしたCDアルバムをRoots ~琉楽継承を2作リリースし、平成28年度(第71回)文化庁芸術祭参加作品(レコード部門)に選出された。
古典、民謡、ポップスに至る迄、幅広い音楽知識をもつ沖縄では唯一無にの歌者。
本土と沖縄をしっかりと結びつける事が出来るとアーティストとして『沖縄の至宝』と賞賛され評価されている。
NHK紅白歌合戦出演や、民謡紅白歌合戦のプロデュース、護得久栄昇のプロデュースなど多方面でも活躍中。
■ よなは徹 オフィシャル・サイト

【よなは徹バンド】
よなは徹(Vo・三線)/金川哲也(Gt.)/ドン久保田(Ba.)/玉置淑晴(Kb.)/末吉ヒロト(Dr.)
司会|ガレッジセール
ガレッジセール
共に那覇市出身のゴリ(本名:照屋年之)と川田(本名:川田広樹)で結成された、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の人気お笑いコンビ。1995年5月コンビ結成。

◯代表作:NHK「ちゅらさん」シリーズ/CD「笑顔のまんま」テイチク エンターテインメント(BEGIN with アホナスターズとして)/CD「あんやんてぃんどう」日本伝統文化振興財団(沖縄サンゴオールスターズ with ガレッジセールとして)/他多数
■ ガレッジセール(吉本興業)

また現在は、55年の歴史を誇る吉本新喜劇と、沖縄の歴史・文化・風習を取り込んだ完全オリジナルの「おきなわ新喜劇」を立ち上げ、ゴリを座長とし、沖縄でしか観られないガレッジセールならではのコンテンツを生み出している。
■ おきなわ新喜劇
ページトップへ戻る