M&Iロゴ

琉球フェスティバル
感染症対策へのご協力のお願い

必ずご確認・ご同意の上、ご購入・ご来場をお願いいたします。

注意事項・禁止事項

十分ご理解の上、チケットをお求めください。

琉球フェスティバル2021
東京のど真ん中が沖縄になる!
第25回記念!沖縄音楽の祭典、開催!!

◆ 開催25回記念特典 ◆
M&Iカンパニーにてチケットをご購入いただいた方全員に「琉フェス」特典ステッカーをプレゼント!!
◆「公演チケット付き宿泊プラン」発売のお知らせ ◆
「ジャパン・エンタテインメント・ツアーズ」より会場近郊の宿泊と公演チケットがセットになった宿泊プランが発売となりました。

◎詳細・お問合せ:ジャパン・エンタテインメント・ツアーズ東京支店

※宿泊と公演チケットのセット販売となりますので、公演チケットを別途ご購入いただく必要はございません。
※既にご購入いただいております公演チケットを、本プランに変更することは出来ません。予めご了承ください。
公演情報
公 演 日 10月17日(日)
会   場 日比谷野外大音楽堂 ※雨天決行
出   演 大工哲弘 with 苗子 / ディアマンテス / パーシャクラブ / よなは徹バンド / 神谷千尋
司会:ガレッジセール
時   間 開場15:15/開演16:30
料   金 前売¥7,300/当日¥7,800(全席指定・税込)
一般発売日 7月31日(土)
プレイガイド ・M&Iカンパニー 03-6276-1144 《特典ステッカー付き》
M&Iオンラインチケット 《特典ステッカー付き》
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:199-656)
ローソンチケット(Lコード:72969)
e+(イープラス)
銀座わしたショップ 03-3535-6991
カンフェティ 0120-240-540
ジャパン・エンタテインメント・ツアーズ東京支店 《宿泊付きプラン》
備   考 ※開催時期の状況により、酒類・食物の販売が出来ない場合がございます。
主   催 テレビ朝日 / ぴあ / 文化放送 / InterFM897
協   賛 オリオンビール / ジャパン・エンタテインメント・ツアーズ株式会社 / リトル沖縄オーバーシーズ
協   力 東京沖縄県人会
お問い合わせ M&Iカンパニー 03−6276−1144(平日 10〜15時)
コロナ禍の下、初心にかえる25回目の琉フェス!
 新型コロナウイルスの影響で中止になった昨年を経て、ようやくの「琉フェス@日比谷野音」だ。祝・25回目!

 舞台に立つミュージシャンに意気込みを聞いてみた。ファンの期待も当然のことながら、これまで活動の場を厳しく制限された時間を送ってきた演者にとっての、オープンエアの日比谷野音は特別であろうからだ。

 八重山歌謡の親分、大工哲弘から出た一言「初心にかえる」だった。我らが大工さんは「コロナ禍の影響を受けた一人として、いま実感しているのは、素直に、歌えることへの感謝です」と語ってくれた。
 大工哲弘にとっても大ステージ(日比谷野音)は久しぶり。パートナーである大工苗子とのその舞台は、「ライブの大工」ならではの素晴らしさをみなさんに味わってもらうものとなりそうだ。

 25回目(1996年〜)となる「東京の琉球フェス」に、結成30周年(1991年〜)を迎えたディアマンテスがやってくる。ラテン・アメリカと沖縄の人的・文化的交流の上に立つこのバンドも、今や沖縄音楽の中軸。この2年弱はディアマンテスにとっても大変だったのでは?との問いに、リーダーのアルベルト城間は「ペルーからやってきた時から、ぼくはずっとアドベンチャーの中で生きてきた。勇気を持ってね。それが人生には大事ですよ」。記念作品『Paso a Paso』(一歩一歩の意)は9月発売。アルベルトのボーカルに表されるウチナワン・ラティーノの舞台を期待したい。

 パーシャクラブからは、次のようなメッセージが届いた……。「思うように動けない日が続き、あらためて音楽そしてライブの素晴らしさを感じています。早くみんなの顔を見ながら思いっきり音を奏でたい。そんな気持ちでいっぱいです。まだまだ、コロナとの戦いは続きそうですが、10月17日は何もかも吹き飛ばすくらい皆さんと楽しみたいと思います。
風や真艫! 走らせー!」

 よなは徹も語る。「ぼくもステージがほとんどなくなりました」。ただし全国に弟子を持ち、長寿ラジオ番組「民謡で今日拝(ちゅううが)なびら」(琉球放送)のレギュラーなどの出演もこなすおかげて、ほかの人たちよりは歌うチャンスは多かった。「でもライブをこなさないと確実にチカラは落ちるんですよ。加えて、古典や島唄ではなくて、今回の琉フェスはバンド編成だから大変。だからなおさら面白いことになると思う」。翌11月6日には、1年延期となっていた千代田区・紀尾井小ホールでの「芸能生活二十周年記念」公演(M&Iカンパニー)も控えている。

 8月に新作『ウタ結(ゆ)イ』を発売したばかりの神谷千尋は、2006年以来の出演。コロナ禍の下、YouTubeなどでも発信を続け、併行してアルバムの構想を練ってきた。中でも、子どもへの魔よけのおまじないが題名のオリジナル「あんまーくーとぅー」は、きっと今回の舞台でも歌ってくれるはず。新時代の島唄のシンガーとして、いよいよ充実してきた神谷千尋のステージも期待だ。「琉球フェスティバルに久々の出演ということで楽しみいっぱいです。感謝と心を込め、歌いたいと思います」(神谷のメールから)

 司会を務めるのは、いつもの二人、ガレッジセール! ご存知のように、ゴリ&川田のコンビは映画やテレビなど多方面で活躍してきたが、残念なことに、この4月、二人は新型コロナウイルスに感染した。つまり琉フェスは快復となっての大舞台である。
 その思い、ゴリさんは語る。「コロナはいつ終息するかわからないけど、沖縄の歌は、そんな時代を生きるぼくらの癒しだと思うんです。たった3、4時間の間でも、生で沖縄の歌を聞いてもらいたい。ぼくら二人はそのために一生懸命、お手伝いします」

 さぁ(用心しながら)琉球フェスティバルを楽しみましょう!


藤田正
(音楽プロデューサー/シンコーミュージック刊『歌と映像で読み解くブラック・ライヴズ・マター』)
会場周辺の地図
ページトップへ戻る