大隅寿男プロフィール


大隅寿男|Osumi Toshio

1969年、明治大学を卒業と同時にプロとしての活動を開始。

山本剛(pf)、八城一夫(pf)、大野雄二(pf)、中村誠一(ts)などのコンボでセッションを重ね、ライブハウスを中心に演奏活動を続ける。

78年に自己のトリオを結成。83年には初のリーダーアルバム「ウォーターメロンマン」を発表。86年にはベースのロン・カーターをゲストに迎えたセカンドアルバム「ザ・メロディーズ・オブ・ラブ」をリリース。

その他、アン・バートン(vo)、ミッキー・タッカー(pf)、山本剛(pf)、阿川泰子(vo)、リチャード・パイン(as)などのアルバムにも参加した。1986年、マカオ・ジャズ・フェスティバルに出演。また、ロン・カーター(bs)、サリナ・ジョーンズ(vo)、マリーナ・ショー(vo)他、大物外国アーティストとのライブ共演も多数。

近年はポニーキャニオン(M&I)から「ジュビレーション」(2002年)、「グレートフル」(2003年)、「リジョイス」(2004年)、「オン・ザ・ロード」(2005年)、「ニュー・ディール」(2007年)、「ウォーク・ドント・ラン」(2009年)、「キャリー・オン」(2014年)を発表。

ジャズのスウィング感とファンキーな感覚がミックスされた演奏スタイルと温かな人柄でライブシーンにおいて根強い人気を誇る。