<M&I>ベンチャーズ




Ventures2018-w960.jpg

ベンチャーズ ジャパン・ツアー 2018 開催決定!!
全国スケジュール随時更新中!!

★ ベンチャーズ ジャパン・ツアー 2018 | 最新情報 ★
【2018/01/15】--------------------------------------------------------------------------------
「ベンチャーズ ジャパン・ツアー 2018」開催決定!!
 7月14日(土)三重/伊賀市文化会館・決定!!
 7月29日(日)東京/パルテノン多摩・決定!!
 8月3日(金)北海道/ニトリ文化ホール・決定!!
 8月11日(土)神奈川/神奈川県民ホール・決定!!
 9月2日(日)東京/中野サンプラザ・決定!!
 ※スケジュールは随時更新します!!



M&Iカンパニー チケット取扱い公演

9月2日(日)中野サンプラザホール

2月16日(金)より先行予約の受付開始!!

開場15:30/開演16:00
全席指定:S席¥6,800/A席¥6,300(税込)
※先行予約に関しましては、S席のみの取扱いとなります。

問い合わせ:M&Iカンパニー 03-5453-8899

来日予定メンバー

Leon Taylor / リオン・テイラー - Drums
Bob Spalding / ボブ・スポルディング – Guitar
Ian Spalding / イアン・スポルディング - Guitar
Luke Griffin / ルーク・グリフィン - Bass

※ジェリー・マギーは、年齢による体力の衰えに伴い、本年度からツアーへの参加が出来なくなりました。
 後任は、ルーク・グリフィンが務めることになります。ご了承の程よろしくお願い致します。

夏だ!エレキだ!ベンチャーズ!!
伝説のエレキインスト・ロックバンド “ベンチャーズ” が
2018年の夏も、日本中でツアーを繰り広げる!

1959年に“エレクトリック・バンド・サウンドによるインストゥルメンタル・ロック”を確立してデビューしたベンチャーズ。ビートルズ、ビーチボーイズ、ローリング・ストーンズに先駆けて大成功を収め、59年の歴史を通じてファンを熱狂させ、世界中の多くのミュージシャンに多大な影響を与えてきた。

■サクセス・ストーリー
1959年に結成されたベンチャーズは、ロック・バンドの先駆けとして“エレクトリック・バンド・サウンド”を確立し、全米ヒット・チャートに14曲のシングル・ヒットと、38枚のアルバム・ヒットを立て続けにチャートインさせた。
また'65年、日本において空前の“エレキ・ブーム”をもたらし、その後、“ベンチャーズ歌謡”の連続ヒットを重ね、“日本の音楽”文化に多大な影響を与えた。
これらの偉大な功績から、アメリカでは’08年に“ロックの殿堂”入りを果たし、日本でも「日米交流150周年記念外務大臣賞」、「日本との友好の増進等について顕著な功労のあった外国人」として「旭日小授章」を授章している。
■ベンチャーズ ジャパン・ツアー2018
72回目の日本ツアーで名演を繰り広げるメンバーは、5番目のベンチャーズとしてバンドを支えてきたリード・ギター、ボブ・スポルディング(5代目リード・ギタリスト/'05年以来24回目の参加)。子供の頃からベンチャーズ・ファンで、'73年にジェリー・マギー、メル・テイラーと、メル・テイラー&ザ・ダイナミクスで活動した後、'81年からベンチャーズのレコーディングに参加。'05年よりボブ・ボーグルに代わって日本ツアーに参加した。
ドラムスは父、メル・テイラーの遺志を継いで20年となるリオン・テイラー('97年以来39回目の参加/6代目ドラマー)。
リズム・ギターは、ボブ・スポルディングの息子のイアン・スポルディング(’16年以来3回目の参加)。2007年からベンチャーズのレコーディングに参加しており、オリジナル・メンバー、ドン・ウィルソンが日本ツアーを引退する際に直々に指名を受けてメンバーとなった。
そしてべース・ギターは、昨年、ジェリー・マギーが体調をくずしてツアーを離れたことから急遽合流したルーク・グリフィン(テキサスのロック・バンドで活動後、2014年よりベンチャーズのレコーディングに参加)。今年より正式メンバーとしてツアーに参加している。

■継承される永遠のベンチャーズ・サウンド
ベンチャーズが長い歴史の中で生み出してきた“ベンチャーズ・サウンド”は、時代が変わってメンバーが変化しても継承され続けてきた。“ベンチャーズ・サウンド”の本質を知り尽くしたメンバーにより時代に応じた進化を遂げながら、その魅力を磨き上げて現在に至っているのである。
ベンチャーズのメンバーはツアーから離れても、ベンチャーズ・ファミリーとしてレコーディングなどの活動を続け、逆にレコーディングで協力した有能なミュージシャンがファミリーの一員としてツアーをサポートすることもある。
ベンチャーズには、メンバーが変わっても“ベンチャーズ・サウンド”を継承すると同時に、新たなレパートリーをヒットに導いてきた伝統がある。その精神は現メンバーはもちろん、これからのメンバーも変わることなく持ち続けることだろう。
音楽ファンの珠玉の宝モノ、“ベンチャーズ・サウンド”は永遠に不滅なのである!
今年もベンチャーズは、4人のメンバーが円熟の技で魅力的なサウンドを紡ぎだし、例年通り、ベンチャーズを支えてきた多くの熱烈なファンの期待に応えてくれることは間違いないだろう。
2018年の夏、ベンチャーズは日本中にそのサウンドをこだまさせ、例年のように“日本の夏の風物詩”としての役割を揺るぎないものにすることは間違いない!

今野政司/GimmiX