<M&I>琉球フェスティバル2016 出演者プロフィール|スマホ

M&Isp.png

琉球フェスティバル2016
出演者プロフィール

■うないぐみ
Unaigumi.jpg沖縄民謡の古謝美佐子、宮里奈美子、比屋根幸乃、島袋恵美子の4名からなる女性グループ。
「童神」で知られる古謝美佐子を始め初代ネーネーズに在籍した宮里、比屋根に加え、かねてから親交のあった島袋が参加して2014年から正式に活動を始める。
「うない」とは沖縄方言で「姉妹」の意味。
4人とも沖縄民謡に精通した実力派民謡歌手の集まりで、4名のユニゾンとともに各メンバーのソロも演唱する。レパートリーも伝統的な沖縄民謡からオリジナル曲、カバー曲まで多種多彩。
2014年暮れに全国5カ所で単独ソロデビューコンサートを行い2015年1stアルバム「うない島」を一般発売。最新作は2015年10月発売の坂本龍一氏とのコラボシングル「弥勒世果報-undercooled」。
プロデューサーは佐原一哉。
http://www.kojamisako.com


■大工哲弘(だいく てつひろ)
DaikuTetsuhiro.jpg1948年、沖縄県八重山郡石垣市字新川に生まれる。
1968年、本格的に八重山民謡を山里勇吉に師事。県内外及び海外コンサートにも多く出演、中・東・北欧、米国、中米などで公演行い、96年には南西アフリカ5カ国巡回コンサート。98年・東南アジア諸国。99年・環太平洋4カ国、2011年は南米4カ国巡回コンサートを実現し世界せましと活動を続けている。
さらに世界の民族音楽家、ジャズやロックのミュージシャンなどとの共演活動も意欲的に行っている。CDアルバムも20数枚リリース。2013年には「ブルーヤイマ」を発表。
99年に沖縄県無形文化財(八重山古典民謡)保持者に指定される。2015年・琉球民謡音楽協会名誉会長に就任、同年、全沖縄の民謡協会9団体の共同代表となる。
八重山地方に伝承される多彩な島の歌をこなし八重山民謡の第一人者として地位を築いている。その島唄に愛情を込めて歌う姿勢には共感者が多い。また八重山民謡教室の支部を全国に持ち、沖縄・八重山民謡の普及・育成にも力をそそぐ。
現在、沖縄でもっとも幅広い活動をしているミュージシャンである。
http://www.daiku-tetsuhiro.com


■パーシャクラブ
ParshaClub.jpg八重山民謡界の旗手・新良幸人をヴォーカルに据え1993年に結成。
洋楽エッセンス溢れる斬新なアレンジを施した沖縄、八重山民謡やオリジナル曲、そしてそのパフォーマンスで若者を中心に絶大な支持を得る。
円熟を増した新良のヴォーカル、それを支えるバッキング、ますます冴え渡るステージングで、今や沖縄最高のLIVEバンドの地位を確立。
これまでにアルバム9枚、シングル5枚、DVDを1枚リリース。
http://parsha.myhp.me


■しゃかり
Shakari.jpg1998年春に結成された“しゃかり”は、チアキ(ヴォーカル・三線)、カンナリ(プロデューサー兼パーカッション)による二人組の沖縄ポップスユニット。
チアキの透明で伸びやかな力強い歌声と、カンナリが生み出す沖縄テイストの親しみやすいサウンド、歌詞に託されたポジティブなメッセージは、幅広い層から「元気をもらえる歌」と強く支持されている。天に届くかのような真直ぐに伸びるチアキの歌声は、自然が生み出す空気のように包み込む優しさがあり、今の沖縄で暮らす彼女たちの等身大の気持ちや音が表現されている。
ユニット名の“しゃかり”は、チアキの生まれ育った北谷町「謝苅」(じゃーがる)の読み方をアレンジしたもの。
2008年10周年を迎え、初のベストアルバム『僕という名の地図』を発売。2009年には、8枚目シングル『結まーる』を発売、日本青年会議所第58回全国会員大会沖縄那覇大会テーマソングに起用された。2013年結成15周年記念アルバム「温故知新」を発売。2015年、10枚目のアルバム「Life」発売。
http://www.syakari.jp


■下地イサム(しもじ いさむ)
ShimojiIsamu.jpg1969年生まれ。沖縄県宮古島市平良出身。
オリジナル曲のほとんどを、自身の出身地宮古島の言葉(ミャークフツ) で歌うオンリーワン・アーチスト。
高校卒業後、音楽とは無縁の生活をしていたが、30歳の時に転機が訪れ、シンガーソングライターになる。2002年8月にインディーズでシングル『我達が生まり島』をリリース。2005年にはインペリアルレコード(テイチクエンタテイメント)からメジャーデビューを果たし、これまで12枚のアルバムをリリース。「SAKISHIMA meeting」(新良幸人×下地勇)や「シモブクレコード」(BEGINのギタリスト島袋優とのユニット)など、ソロ以外でも活動の幅を広げている。また、岩﨑宏美、夏川りみ、NENEZ等、数々のアーティストへの楽曲提供も行っている。
2015 年12 月、11枚目のアルバム『THE HUMAN GIFT』の発売を機に、『下地イサム』へ改名し、現在は沖縄本島を拠点に、県外・海外でのライブ活動を展開中。今年4/6に完全宮古用言企画アルバム『スマフツ〜THE GOLDEN LANGUAGE』をリリース。
http://isamu.arize.jp


■よなは徹(よなは とおる)
YonahaToru.jpg沖縄県北谷町にうまれた、島うた界における斬新な歌者・よなは徹。
数多くの賞を受賞した琉球古典音楽の師範として、更に国指定重要無形文化財『組踊』の伝承者としても多くのリスペクトを浴びる中、ヨーロッパから南米まで世界各地での公演をはじめ、森山良子、スピッツ等とのポップスアーティストとの競演、テクノサウンドとのコラボ、ビートルズのカバーアルバムへの参加など琉球古典・島唄と言うフィールドを越えた活動で沖縄音楽界を支える一人と言っても過言では無い。
3月に琉球古典音楽集「Roots~琉楽継承 其の一」をリリースした。
http://www.yonaha-toru.com


■園田エイサー(そんだ えいさー)
SondaEisa.JPG園田エイサーは旧越来村西里部落のヤキマージエイサーが、戦後園田に移り、今に受け継がれているものです。ヤキマージエイサー時代は男性だけのエイサーでありましたが、1959年に名称を園田エイサーに変えると同時に女性の踊り手も加わるようになりました。特徴は、テンポの速い曲に、切れ目のない曲のつながり、大太鼓・締太鼓の力強い動きとバチさばきです。
http://www.sonda-eisa.info


■ガレッジセール
GarageSale.jpg共に那覇市出身のゴリ(本名:照屋年之)と川田(本名:川田広樹)で結成された吉本興業所属の人気お笑いコンビ。1995年5月コンビ結成。
◯代表作:NHK「ちゅらさん」シリーズ/CD「笑顔のまんま」テイチク エンターテインメント(BEGIN with アホナスターズとして)/CD「あんやんてぃんどう」日本伝統文化振興財団(沖縄サンゴオールスターズ with ガレッジセールとして)/他多数
また現在は、55年の歴史を誇る吉本新喜劇と、沖縄の歴史・文化・風習を取り込んだ完全オリジナルの「おきなわ新喜劇」を立ち上げ、ゴリを座長とし、沖縄でしか観られないガレッジセールならではのコンテンツを生み出している。

【ガレッジセール】
http://search.yoshimoto.co.jp/talent_prf/?id=016
【おきなわ新喜劇】
http://okinawa-shinkigeki.com