<M&I>琉球フェスティバル 出演者プロフィール

Ryukyu.jpg

【琉球フェスティバル2017/出演者プロフィール】


■古謝美佐子(こじゃ みさこ)
KojaMisako.jpg1954年沖縄県嘉手納町生まれ。沖縄民謡女性歌手。9才でレコードデビュー。
86年より坂本龍一のユニットに参加し録音からワールドツアーまで参加する。90年より女性民謡4人グループ「ネーネーズ」にリーダーとして参加。「黄金の花」などのヒット曲を発表。1995年末に脱退後、ネーネーズのプロデューサー、佐原一哉と共にソロ活動を開始する。アルバム「天架ける橋」(2001)、「廻る命」(2008)は高く評価され、また、自作詞の子守歌「童神」(わらびがみ)は、夏川りみ、山本潤子、ヘイリー他、日本〜世界の多くの歌手にカバーされ愛される。ステージでの活動は、ソロ公演の他、文楽人形や琉球舞踊、エイサーから、フラなどまで、多岐にコラボレーション公演を行っている。
3歳の時に父親を米軍基地内の事故で亡くすも、現在まで嘉手納基地の近くに住み、歌を通して平和の尊さや戦争の悲惨さを訴えて続けている。また「古謝の声には高周波とゆらぎ成分を同時に持ち、人を癒したり健康促進の効果がある」と言う内容の分析結果が科学者や大学教授より発表され話題となる。
2014年から、初代ネーネーズの宮里奈美子、比屋根幸乃に島袋恵美子が加わった4人グループ「うないぐみ」の活動を始め、2015年1月に1stアルバム「うない島」を発表。2015年10月に、うないぐみと坂本龍一のコラボチャリティシングル「弥勒世果報-undercooled」を発表した。作家の五木寛之氏が「今も最も凄い歌手」と絶賛する。
http://www.kojamisako.com


■我如古より子(がねこ よりこ)
GanekoYoriko.jpg10 歳の頃から父・我如古盛栄と共に舞台に立ち始め、1974 年6 月に盛栄がコザに「民謡ステージ姫」を開業。その頃から本格的に民謡の世界に入る。
盛栄を師として育ち、1977 年、紡績女工の話を唄った「女工節」でデビュー。
その翌年の1978 年にリリースした「娘ジントーヨー」が大ヒットを記録。
「娘ジントーヨー」が我如古より子の代名詞とも言える曲となった。
その後、各種のイベントや民謡紅白歌合戦に数多く出演し、県内外のアーティストとの共演も多数こなす。

1988 年坂本龍一のNEOGEO アメリカツアーへ参加
1995 年ソロアルバム『恋の花』を井上監プロデュースにより全国発売
『心の詩〜愛するのが下手だから〜』が久米島の久米仙企業CM ソングおよび日本テレビの『三行広告探偵社』エンディングテーマとして起用される
THE BOOM の『島唄』の沖縄方言バージョン『島唄〜南の四季〜(※作詞:我如古盛栄)』リリース
2002 年我如古より子with 吉川忠英『唄遊び』アルバムを全国リリース
2004 年我如古より子with 吉川忠英『唄遊びII』アルバムを全国リリース
2014 年最新アルバム『女綾心』リリース
現在民謡ライブの店『民謡ステージ歌姫』(那覇市)、『Okinawa Entertainment Restaurant 姫–Hime-』(那覇市)を経営ある。
https://www.yoriko-ganeko-official.com


■パーシャクラブ
ParshaClub.jpg八重山民謡界の旗手・新良幸人をヴォーカルに据え1993年に結成。
洋楽エッセンス溢れる斬新なアレンジを施した沖縄、八重山民謡やオリジナル曲、
そしてそのパフォーマンスで若者を中心に絶大な支持を得る。
円熟を増した新良のヴォーカル、それを支えるバッキング、
ますます冴え渡るステージングで、今や沖縄最高のLIVEバンドの地位を確立。
これまでにアルバム9枚、シングル5枚、DVDを1枚リリース。
http://parsha.myhp.me



■よなは徹バンド(よなは とおる)
YonahaToru.jpg沖縄県北谷町に生まれた、島うた界における若手実力派歌者。
数多くの賞を受賞した琉球古典音楽の師範として、更に国指定重要無形文化財『組踊』の
伝承者としても多くのリスペクトを浴びる。ヨーロッパから南米まで世界各地での公演をはじめ、森山良子、スピッツ、MONGOL800等とのポップスアーティストとの競演、ビートルズのカバー
アルバムへの参加。琉球古典・島唄と言うフィールドを越えた活動で沖縄音楽界を支える一人と
言っても過言では無い。

よなは徹バンド:金川哲也(Gt)/福元梢<KOZ>(B)/末吉ヒロト(Ds)/玉置淑晴(Key)

https://www.yonaha-toru.com





■桑江知子(くわえ ともこ)
KuwaeTomoko.jpg1960年1月18日、沖縄生まれ、福岡出身、山羊座・血液型B型。
1979年に発売したデビュー曲「私のハートはストップモーション」が化粧品のCMソングに採用されてブレーク。同年のレコード大賞最優秀新人賞など、数々の賞を受賞。
ポップスからラテン、ジャズまで幅広く歌いこなし、近年では、生まれ故郷である沖縄の民謡に取り組み、「琉球民謡コンクール」では、新人賞、優秀賞も獲得。
現在は、三線と沖縄民謡をベースにしたオリジナル曲をメインにアルバム制作や、ギターと歌や、ピアノと歌とのデュオユニットを組み、アコースティックなサウンドによるライヴを各地で展開している。
2005年には、母校である高校の校名変更の際に、新しく生まれ変わった福岡県立福岡講倫館高校の校歌の作詞・作曲を依頼され、現在も歌い続けられている。
2009年、30周年記念のシングル、「うんじゅぬ島」をリリース、35周年記念としては2013年にデビュー曲「私のハートはストップモーション Bossa Nova ver.」をセルフカバーしてリリースする。
2015年、岐阜の高校で、「沖縄の文化と平和」をテーマに講演を行う。
http://www.kuwae.cc/


■THE SAKISHIMA meeting(新良幸人 × 下地イサム)
TheSakishimaMeeting.jpgパーシャクラブ、ソロと様々なスタイルでエモーショナルな唄と三弦を奏でる石垣島・白保出身の新良幸人。デビュー以来、出身地・宮古方言でジャンルを越えた音楽に挑戦するオンリーワンシンガー・下地勇。そんな二人が組んだ先島地方発のユニット。2008年7月に『SAKISHIMA meeting』、2010年には『THE RAINBOW』をリリース。県外でも精力的にライブ活動を展開し、これまでにフランス、スペイン、メキシコ、ジャマイカ、キューバ、香港、台湾等、海外でも公演を行なう。2012年12月にモントリオール国際映画祭で2部門を受賞した映画『カラカラ』のテーマソング『TOME DOME』を発売。2013年7月に初のアルバムにしてベストアルバム『THE BEST』をリリース。14年2月、NY・ワシントンDCでライブ。NY time紙で絶賛され、同紙WebSiteに『Danny Boy』のPVが掲載されている。2017年3月には2ndアルバム『THE SILENCE OF SAKISHIMA』を発売、全国ツアーを行なう。




●新良幸人(アラ ユキト):右
1967年沖縄県石垣市白保生まれ。11歳から八重山民謡を父親(新良幸永)に師事。
パーシャクラブやアコースティック・パーシャのヴォーカル&三弦奏者として活動中。08年「宮良長包音楽賞・特別賞」を受賞。2011年10月にはピアニストのサトウユウ子との共演アルバム『浄夜』をテイチクエンタテインメントよりリリース。
http://yukito.arize.jp

●下地勇(シモジ イサム):左 
1969年沖縄県宮古島市生まれ。オリジナル曲のほとんどを宮古島の方言で歌う、オンリーワンアーティスト。2005年に『開拓者』でメジャーデビュー。06年「宮良長包音楽賞・特別賞」を受賞。08年に発表した6th「3%」が韓国ハイファイジャーナル誌でベストレコード賞に選ばれる。BEGINのギタリスト・島袋優とのユニット『シモブクレコード』でも活動中。今年まで8年間、オリオンビールのイメージキャラクターをつとめた。
http://isamu.arize.jp


■琉球オールスターズ
 =徳原清文(唄・三線)/よなは徹(唄・三線)/仲宗根創(唄・三線)/大湾三瑠(琉球舞踊)/浜川恵子(琉琴)

TokuharaSeibun.jpg●徳原清文(とくはら せいぶん)
旧与那城(現うるま市)饒辺出身。昭和24年8月10日生まれ。
昭和42年 登川誠仁に師事。
昭和49年 登川誠仁より師範免許取得。
昭和52年 琉球民謡協会より師範免許取得。
昭和55年 「比翼連理」(作詞・曲:徳原清文)でレコーディング・デビュー。
平成2年 「饒辺ぬ前」(作詞:徳原清文・作曲:知名定男)をレコーディング。
平成3年 第2回ラジオ沖縄主催・新唄大賞で「大賞」を受賞。受賞曲「饒辺ぬ前」。
平成11年 沖縄県指定無形文化財・琉球歌劇保持者認定。
平成12年 野村流音楽協会より師範免許取得。
現在、琉球音楽清風會會主。



NakasoneHajime.jpg●仲宗根創(なかそね はじめ)
1988年、那覇市生まれ。3才頃より祖父の影響を受け民謡を歌い始める。
2000年、照屋林賢氏プロデュースの民謡歌手オーディションでグランプリを受賞し『アッチャメー小』でCDデビュー。
2003年、登川誠仁氏に師事。
2013年、2rdアルバム『歌ぬ糸』を発表。琉球民謡協会主催の民謡コンクールにて「民謡大賞」受賞。
2016年、3rdアルバム「辿―Ten―」を発表。
内外様々なイベントやライブ、テレビ・ラジオ等に出演する傍ら、民謡研究所を開き後進育成にも取り組んでいる。最近では、沖縄芝居の地謡を担当するなど活動の幅を広げる。また、自作の楽曲を歌手へ提供するなど創作活動にも励んでいる。琉球民謡協会教師。
http://hajime34utaifukui.ti-da.net


OwanMitsuru.jpg●大湾三瑠(おおわん みつる)
安座間本流師範。
琉球舞踊を金武良章・安座間澄子に師事。
組踊を金武良章・武富良規・眞境名正憲に師事。
沖縄タイムス芸術選賞奨励賞受賞。











HamakawaKeiko.jpg ●浜川恵子(はまかわ けいこ)
1979年 琉球箏曲興陽会 宮城秀子箏曲研究所へ入会、宮城秀子先生に師事。
1987年 琉球古典芸能コンクール最高賞。
1988年 琉球箏曲興陽会 教師免許取得。
1989年 琉球箏曲興陽会 浜川恵子箏曲研究所開設。
1997年 琉球民謡箏曲定絃会 師範免許取得。
1999年 琉球箏曲興陽会 師範免許取得。
徳原清文氏の芝居の箏伴奏や民謡の伴奏を行う一方、弟子の育成と箏曲の普及発展にも
力を注いでいる。






■ガレッジセール
GarageSale.jpg共に那覇市出身のゴリ(本名:照屋年之)と川田(本名:川田広樹)で結成された、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の人気お笑いコンビ。1995年5月コンビ結成。
◯代表作:
・NHK「ちゅらさん」シリーズ
・CD「笑顔のまんま」テイチク エンターテインメント(BEGIN with アホナスターズとして)
・CD「あんやんてぃんどう」日本伝統文化振興財団(沖縄サンゴオールスターズ with ガレッジセールとして)/他多数
また現在は、55年の歴史を誇る吉本新喜劇と、沖縄の歴史・文化・風習を取り込んだ完全オリジナルの「おきなわ新喜劇」を立ち上げ、ゴリを座長とし、沖縄でしか観られないガレッジセールならではのコンテンツを生み出している。
【ガレッジセール】http://search.yoshimoto.co.jp/talent_prf/?id=016
【おきなわ新喜劇】http://okinawa-shinkigeki.com