<M&I>PRETTY MAIDS




PrettyMaids-w960.jpg

デンマークが誇るヘヴィメタル・バンド プリティ・メイズ
最新作『Kingmaker』を携え、来日公演決定!!
【ドラマー変更のお知らせ】
当初来日を予定しておりました ALLAN TSCHICAJA がバンドを脱退し、
後任ドラマーとして ALLAN SØRENSEN が加入しました。
よって、今回来日するドラマーは ALLAN SØRENSEN となります。
予めご了承ください。

PRETTY MAIDS Japan Tour 2017 〜 Melodic Power Metal Night Vol.22 〜


【 東 京 公 演 】

6月1日(木)渋谷クラブクアトロ
開場18:00/開演19:00
前売¥7,500(スタンディング・整理番号付・税込)※入場時別途1ドリンク代

チケット一般発売日:2017年3月3日(金)

プレイガイド
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:323-463)
ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:76730)
イープラス
・M&Iカンパニー 03-5453-8899

主催:bayfm78

問い合わせ:M&Iカンパニー 03-5453-8899


【 大 阪 公 演 】

5月31日(水)梅田クラブクアトロ
開場18:00/開演19:00
前売¥7,500(スタンディング・整理番号付・税込)※入場時別途1ドリンク代

チケット一般発売日:2017年3月4日(土)

プレイガイド
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:323-224)
ローソンチケット 0570-084-005(Lコード:56977)
イープラス
梅田クラブクアトロ 06-6311-8111

問い合わせ:梅田クラブクアトロ 06-6311-8111



来日予定メンバー

RONNIE ATKINS - Vocal
KEN HAMMER - Guitar
※ ALLAN SØRENSEN – Drums
RENE SHADES - Bass
CHRIS LANEY – Key & Guitar

※当初来日を予定しておりました ALLAN TSCHICAJA がバンドを脱退し、
後任ドラマーとして ALLAN SØRENSEN が加入しました。
よって、今回来日するドラマーは ALLAN SØRENSEN となります。予めご了承ください。


■PRETTY MAIDS official web site

デンマークが誇る正統派メロディック・メタルのヴェテラン
PRETTY MAIDSが、単独ツアーで日本に戻って来る!

 2015年の『LOUD PARK』出演から約2年、デンマークが誇る正統派メロディック・メタルのヴェテランPRETTY MAIDSが、単独ツアーで日本に戻って来る!

 80年代中頃に発生した北欧メタル・ブームは、いくつもの世界的に活躍するバンドを生んだが、その中でデビューから今日まで一度も解散することなく第一線で活動を続けているのは、このPRETTY MAIDSだけだろう。それほど彼らの音楽のクオリティは高いレヴェルで安定しており、また、バンドの核であるロニー・アトキンスとケン・ハマーの信頼関係も強固なのである。

 彼らがレコード・デビューを果たしたのは1983年。翌1984年には傑作「RED,HOT AND HEAVY」で世界デビューを果たし、すぐさま日本でも人気バンドとなった。彼らの様式的な要素も備えた叙情的かつドラマティックなヘヴィ・メタルは、まさしく日本人好みのサウンドであり、1990年に初来日が実現して以降、バンドと日本のファンとの相思相愛の関係は続いていくことになる。

 2000年代には彼らの活動が停滞したように見えた時期もあったが、それはマネージメントの倒産やケン・ハマーが心臓発作で入院するなどの不幸が続いたせいでもあった。その間、アルバムはコンスタントに出していたものの、日本ツアーはずっとご無沙汰になっていた。しかし、2010年の11作目「PANDEMONIUM」はバンド初期のムードを取り戻した強力作で、このアルバムに伴うツアーで2012年秋に11年振りの日本ツアーが実現。ロニー・アトキンスとケン・ハマー以外は比較的若いメンバーを迎え、よりエネルギッシュになったバンドのパフォーマンスは日本のファンを熱狂させた。

 これによって日本との良好な関係を復活させた彼らは、早くも2013年秋には再び単独で日本ツアーを行ない、2015年秋には『LOUD PARK』に初参戦して多くの新たなファンを獲得。そのかたわら、ロニー・アトキンスはAVANTASIAの一員としても2013年と2016年に来日して、多くのメタル・ファンに自身の存在をアピールした。

 今回の来日は2016年秋にリリースした新作「KINGMAKER」(純粋なオリジナル・アルバムとしては13作目)に伴うツアーで、2010年から活動を共にしてきたモルテン・サンダガーに代わってクリス・レイニーをニュー・メンバーに迎えての来日となる。クリス・レイニーという名前に反応するマニアも多いと思うが、スウェーデン出身の彼はプロデューサーとしても数多くのグラム/ポップ・メタル・バンドを手掛けており、その才能は高く評価されている。

 ストロングなメタル・サウンドに独特の哀愁のメロディを乗せた音楽スタイルでファンを魅了し続ける彼らが、今回の日本ツアーでどんなショウを披露するのか。ライヴを見た人々が「やっぱりPRETTY MAIDSは凄い」と口を揃えて絶賛する彼らのステージを、1人でも多くのメタル・ファンに味わってもらいたい。


藤木昌生/BURRN!